リサイクルインクのすごいところを解説

プリンターを使用していた一番経費がかかるのはインクのためのカートリッジと実感している方は少なくないでしょう。プリンターは店頭でもよく格安販売されています。いざ年賀状印刷で多めに使用すると残量が直ぐに無くなり、毎年の季節の風物詩のようにカートリッジ交換に迫られることも。高額なのはメーカー純正品を使用しているときです。もちろん製造元がプリンターの機種ごとに設計したものなので最高のパフォーマンスを期待できる点で安心感があります。他方で高額な点はプリンター使用すればするほど看過できない問題点として浮上してきます。下手すれば新品のプリンターを変えるなんてことも珍しくありません。この高額なランニングコストを解決してくれるのがリサイクル(再生品)や互換商品です。

メーカー純正品以外でも大丈夫なのか

プリンターによく使われているのは純正品以外には、リサイクルインク(再生カートリッジ)と互換商品が存在しています。世間に広く流布されているのはメーカー純正品でないと故障や不具合が発生するため、高額にも甘受せざるを得ないという誤解です。実は純正品でなくても問題なくプリンターを使用することができます。そもそも純正品が高額になっているのはプリンターメーカー同士の激しい価格競争が関係しています。自社の製品をユーザーに購入してもらうためには1円でも安い価格で本体を販売する必要性に迫られています。そこで本体を安く売った分を交換カートリッジで利益を上げると言うビジネスモデルが広まりました。プリンター使用の上では欠かせない消耗品であるため、絶対的に需要は見込めます。ここに純正品が高い理由があります。

価格と安定したパフォーマンスを得るためには

価格で比較するとメーカー純正品、リサイクルインク(再生カートリッジ)、互換インク(互換商品)の順で安くなっていきます。再生カートリッジは店頭で回収された使用済み品を、クリーニングし塗料を最充填したものです。互換商品は、純正カートリッジを基にして別のメーカーが設計開発したものです。再生品や互換商品はプリンター本体の値下げ分を回収するといった考慮をする必要が無いので安価に価格設定されています。純粋にカートリッジの価格競争で販売量を増加させることで収益をあげるという販売戦略を取っているので、純正品より安く販売できるわけです。ただし互換商品の中には品質に疑問符のつく海賊版も存在しているので、価格と動作の安定の両方の観点からすれば、互換商品よりはリサイクル商品がお勧めです。